HSK/中国語検定対策講座

HSK・中国語検定対策

HSK対策中国語検定対策
BCT

 
ビーチャイニーズ中国語教室の検定対策コースは、HSK・中国語検定・BCT・YCTのスコアアップを目指すのに最適なマンツーマン講座です。語彙を増やし、経験豊富な講師がリスニング文法、リーディング、作文などを丁寧に指導します。豊富なシミュレーションを通じて、受験のコツを学びます。

 

◆HSK団体申込み本校受講生は受験料10%割引
◆BCT団体申込み本校受講生は受験料10%割引
◆YCT団体申込み本校受講生は受験料10%割引
 

◆HSK5級対策講座と4級対策講座の様子
少人数で丁寧な指導が好評でした

      • HSK対策講座 飯田橋 HSK対策講座 新橋

 

    • HSK対策講座 飯田橋 HSK対策講座 新橋

 

中国語大学入試対策
ビーチャイニーズの検定対策コースでは、大学入試で中国語を選択される受験生のための、中国語入試対策も行っております。

 

HSK(漢語水平考試)対策

http://www.hskj.jp/(日本語)       www.chinesetest.cn/index.do (中国語)
ビーチャイニーズはHSK漢語水平考試の認定校です。
HSKは「漢語水平考試(Hànyǔ shuǐpíng kǎoshì)」の略称で、中国の教育部(日本の文部科学省に相当)が設けた中国語を母国語としない中国語学習者のための唯一・公認の中国語能力認定 標準化国家試験です。この試験は、「中国語版TOEFL」と考えて良いでしょう。HSKの受験結果は「成績報告」に表記されます。これは中国留学のパスポート、就職・転職、そして国際的な場で活躍する舞台を広げるための中国語能力の基準証明として重要な役割を果たします。

■HSK成績報告の効用

1. 中国の大学に正規留学を希望し、学歴教育をうける際に、要求される中国語能力の証明となる。
2. 所定の等級の中国語課程の履修を免除する際の証明となる。
3. 求人側が中国語要員として採用する際の中国語能力認定証明として用いられる。
4. 就職する際の中国語能力基準証明として用いられる。

■受験項目

1. 筆記(筆記試験)6級~1級
2. 口試(口頭試験)高級、中級、初級
※1と2併願も可能

■レベル

【6級】
語彙量:5,000語以上

中国語の情報をスムーズに読んだり聞いたりすることができ、会話や文章により自分の見解を流暢に表現することができる。
【5級】
語彙量:2,500語程度

中国語の新聞・雑誌を読んだり中国語のテレビや映画を鑑賞することができ、中国語を用いて比較的整ったスピーチを行うことができる。
【4級】
語彙量:1,200語程度

中国語を用いて広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる。
【3級】
語彙量:600語程度
生活・学習・仕事などの場面で基本的なコミュニケーションをとることができ、中国旅行の際にも大部分のことに対応できる。
【2級】
語彙量:300語程度
中国語を用いた簡単な日常会話を行うことができ、初級中国語優秀レベルに到達している。大学の第二外国語における第一年度履修程度。
【1級】
語彙量:150語程度
中国語の非常に簡単な単語とフレーズを理解、使用することができる。大学の第二外国語における第一年度前期履修程度。

 

HSK対策マンツーマン→料金はこちら
HSK対策レッスン HSK各等級に対応。苦手な方の多い聴解、文法、作文は、ネイティブ講師の指導が必須。マンツーマンで効率良く受験対策ができます。1レッスンは50分間です。2レッスン連続での受講も可能です。
まずは診断テストを受け、その結果を元にご自分の実力にあったレッスンが決まります。実際の授業では、レベルアップを目的としたカリキュラムが組まれ、目標とする級を目指します。
※HSK対策の特別講座や、HSKミニ模擬テストなども開催


交換留学応援講座 →料金はこちら
<交換留学応援コースの特徴>
※ 実戦的な対策
・出題パターンの分析に基づく解答テクニックを習得
・独学ではマスターし難いHSK頻出の慣用的表現や言い回を習得
※ 学習形態は3パターンから選択
1.三名までのグループ(学費はグループに準ずる)
2.ペアで受講の1:2
3.一人でしっかりマンツーマン
※学生証提示で受講料5%減額 
・低廉学費が学割適用でさらにお得な学費設定


 
BCTlogoBCT ビジネス中国語検定


BCTビジネス中国語検定公式サイト https://www.bct.center/
BCTはビジネスと日常会話の中国語検定です。
実際のビジネスシーンや一般的職場における中国語コミュニケーション能力を測定します。
ビジネス中国語レベルを評価するのに有効な資格で、総合的な中国語力の証明となります。
中国と関連する国際企業への就職・転職や昇給などでビジネス中国語レベルをアピールできます。

BCTは、BCT(A)、BCT(B)、BCT(口試)の3つの独立した試験で構成されます。

BCT(A)
ビジネス中国語初級者を対象とし、中国語を使用した日常的コミュニケーション、および基本的なビジネスコミュニケーションの能力を測定すします。

BCT(B)
ビジネス中国語中上級者を対象とし、中国語を使用した、より複雑なビジネスコミュニケーション能力を測定します

BCT(口試)
すべてのビジネス中国語学習者を対象とし、ネット試験方式で実施することにより、個別化した問題に照準を当てた試験問題を採用し、受験生の中国語口語による各種社交任務の完成能力を測定する。

<受験料>
BCT(A) 5,400円(税込み)
BCT(B) 9,180円(税込み)

<検定対象>
中国語を母語としない人を対象とします。中国語で最も基本的なコミュニケーションしかできない人から、高度なコミュニケーション能力を有する人まで、いかなる非中国語母語者も受験できます。
年齢、学歴、中国語学習時間に関して、いかなる制限もありません。
 

中国語検定対策

中国語検定中国語検定公式サイト http://www.chuken.gr.jp
日本における最も歴史の有る中国語の試験です。中国語のレベルを判定する基準として、日本国内の官公庁,民間企業に認知度が高いテストです。ビジネスの世界で2級以上が求められることが多いのも頷けます。
中国語検定試験対策コースでは、まず診断テストを受け、その結果を元に、ご自分の実力にあったレッスンが決まります。実際の授業では、レベルアップを目的としたカリキュラムが組まれ、目標級合格を目指します。

中検対策マンツーマンコース →料金はこちら
中検各級に対応。
マンツーマンで効率良く受験対策ができます。聴解と文法を中心に、出題傾向・ポイントを押さえながら徹底的に指導します。
初めての中国語 中検3級合格講座→料金はこちら
これから中国語を始める方も、明確な目標を設定なさると学習効果が上がります。 基礎から中検3級までの一貫したカリキュラムに基くマンツーマンコース(全66レッスン)で確実な土台が作れます。
始めの40レッスン程度では発音からある程度のレベルアップを図り、その後試験対策に切り替えます。試験対策ではリスニングと文法を中心に、実際の試験に沿った練習に加え、模擬試験を数回実施。単語は自宅で覚えていただく等、宿題も出ます。難易度に合わせ、弱点を掴み、ポイントを押さえます。リスニング・文法・リーディングの項目別訓練、及び語彙を含めた総合練習も実施します。

 

検定対受講者の声

通訳案内士の二次試験対策受講者

「二次試験は面接方式で、独学で対策することが難しかったため受講しました。先生が試験の傾向や対策を調べあげ、独自に教材や資料を用意してくださいました。実際に、レッスンの中で練習した質問は、試験でも出題されました!」

 

ビーチャイニーズトップコース>検定対策

このページのトップへ