元宵節

皆様こんにちは。

昨日2/11(土)は、元宵節(yuan2 xiao1 jie2)でした。
元宵節とは、旧暦の1月15日、新年最初の満月の日を祝う節日で、古くは漢の時代から続いていると謂われる伝統的な行事です。ほかの節日と同じように「元宵節快乐!」とあいさつします。

この日には「湯圓(汤圆 tang1 yuan2)」と呼ばれるもち粉でできた皮に餡が入ったお団子を食べます。
満月のように丸く、銀元(昔のお金)のように白い湯圓は、团圆(tuan2 yuan2)と発音が似ていることから家族団欒の象徴とされているそうです。どんなところにも縁起担ぎを忘れないのが中国文化らしいですね!

台湾の新北市平渓などでは、天燈と呼ばれるランタンを夜空に飛ばす行事もあります。ロマンティックですね。

今年の元宵節もう終わってしまいましたが、来年はぜひ湯圓を食べてみてはいかがでしょうか?

工藤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です